FC2ブログ

どらふるのトラブルトラベル!!!

|д・)<石橋は渡らない(安全第一主義

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ルンパまとめ 

2010.02.27 02:52

今はもうルギアのたどっている道を同じようにたどると言った程に株の下がったルンパッパ。
一応自分なりに色々考えてたのでそれらの紹介でも。




①耐久系
穏やか H28 B4 C76 D148 S252
159-81-91-120-152-122

パルキアの珠流星群15/16耐え
控え目カイオーガの雷2発耐え
H-D実数185-134のメタグロスをハイドロで確3
無振りカイオーガを草結びで確2
補正無し最速(最速スカーフオーガ抜き可)
HP=16n-1

(備考)
いわゆるミガワリ配分と呼ばれるもの。
安定して使いやすいと思われます。




②最速系
臆病 H28 B4 C68 D156 S252

臆病最速
草結び→無振りオーガ確定2発
臆病ラティオスの珠流星群耐え、臆病カイオーガの雷2発耐え
HP=16n-1

(備考)
①との最大の違いは最速であること。
素早さにも性格補正をかけ、確実に相手のルンパを抜きたいときに。
今ではルンパの数がめっきり減ってしまったため、実用性がやや薄めかも知れません。




③突破力系
穏やか H68 B4 C140 D76 S220
164-81-91-128-143-118

冷静カイオーガの雷2発を41/42耐え
ラティオスの珠流星群耐え
草結びでH4振りオボンカイオーガ確定2発
最速カイオーガ@スカーフ抜き

(備考)
オーガルンパとしての起用よりも対オーガについて特化させてみた型
上記①②との違いはその特攻。
オボンオーガの登場によりC128まで特攻を上げ確実に2発で倒せるように。
補正ありオーガの雷についてはあくまで乱数の出がすべて同様に確からしいとした時の確率なので実際には違うと思いますがだいたい耐えるよっていうことで(←




④トリル系
生意気 H124 C140 D244
171-90-90-128-162-67

冷静カイオーガの雷2発耐え
パルキアの珠流星群耐え
控え目メガヤンマの珠虫のさざめきを15/16耐え
草結びでH4振りオボンカイオーガ確定2発

(備考)
③の特攻を維持しつつ耐久は①をも超える対ヤンマ調整
そこで何を切ったかというと素早さを切ることに
GSルールにおいて、伝説が場の主役となりうるわけですがその伝説達より1歩足が遅いので思い切ってトリル用に。
特殊耐久を切って物理耐久や特攻に回すのも十分アリ。
もちろん性格は“雨受け皿”
猫騙しを覚えるのでサポートにもいいかも
ルンパをサポートにしてトリルを打ってくると考える人は少なそうなので実用性はありそう。
テンプレ化しちゃうと即機能を果たさなくなりそうなので初見殺し要素高め。






WCS大阪大会@1日目に当選しました。
今回は前まで以上に自信も経験もないですが楽しめればいいなと思います。

スポンサーサイト

GS雑記 

2010.02.16 01:59

久しぶりだけど気にしない気にしない。Don't worry. Be happy.


ようやっと重い腰をよっこらせしてGSルールに取りかかりました。なんという遅さ\(^o^)/
良く考えたら大会まであと1か月・・・。しかも間にテストを挟むのでほとんど対戦準備期間がないというwww
今までバトルビデオやニコニコ生放送を見てだいたいの環境は見えてたつもりだったけど、いざやってみるとなかなか上手くいかないもんですねww
よく“GSルールは今までと違って云々~”と言われますが、そもそも自分はよく考えてみたら半年も対戦していませんでした←怠慢乙ww
最後にやったのが8月の後半、HGSS発売直前の09ルールの〆として運用してた程度ですね。情けない


とりあえずそれなりにメジャーなのを取りそろえて現在伝説6匹と非伝説6匹。
伝説はだいたいこんな感じでもう増えないだろうと思うけど非伝説はまだ少し育て足りないので必要なのが出てくればその都度育ててみる予定。


そしていざ広場へ突撃!
昨日と今日合わせて9戦やってみて6勝2敗1分。
勝率66%と言えば初めてにしては聞こえは良さそうだけど、かなり運が良かっただけっていうw
毒毒+濁流の命中率降下で耐久系を倒すとか・・・。まず絶対に相手にしたくないしこっちもひやひやするから使いたくないww


少ししかやってないけど、まず一番に思ったことはルンパッパを全く見ないということ。
“ルンパはオーガが相手にいなければ猫騙しするだけのポケモン”と言われるけどそれをよく痛感しました。(9戦中0匹)


頭の中では対オーガ要因として必須級だとも思ってたのに、まさかこれほどまでにいないとは思いもしませんでした。これが実際にやってみて環境に触れるのと机上論(しかもたった一人の情弱脳)との違いですねw
どうりで今までの優勝者,準優勝者の中にルンパが入ってこないわけだ。
・・・自分はオーガを入れてなくて特性を有効活用できないのにルンパを入れてたりしてたわけですがww


対オーガとしては3龍。特にパルキアに任せてるのが多いのかな?俺パルキア持ってなくて涙目;;
パルキアはミラーが特に不毛だという話も聞くのでこれに従ってせっかくだからパルキアの入らないパーティ構築を考えてみたいところ。


安定して強いポケモンの考察は、自分よりも遥かに名の通ってる各々の考察ブログさんを見れば経験量も情報量も豊富で説得力のある記事を見れるので、ここでは少しぶっ飛んでるけど且つそれなりに活躍できそーなのを紹介してみようかと思ったけどもうこんな時間なのでそれはまた次の記事で・・・。ノシ



| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。