FC2ブログ

どらふるのトラブルトラベル!!!

|д・)<石橋は渡らない(安全第一主義

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
WCSもそろそろ1stステージが終わろうとしています。へぇー(興味が薄れてます^^;
最近様々なところで言われてることについて「これってどうなん?」と思うことがあったのでちょいと個人的意見を。


オーガルンパについて。
岡山大会にて今までの先発で使われていたオーガルンパとは一風変わった鉄球オーガ+珠ルンパというパーティ(通称:サブロー!パ)が優勝してからというもの、こちらの亜種オーガルンパが流行り気味で、これにより従来のオーガルンパよりも幅が広くなり対策する側としては少しきつくなったように思います。

そしてこのオーガルンパが再度先発として多く見かけるようになったことを
「GS初期にオーガルンパが流行り、流行が1周した現在GS終期においてオーガルンパに戻ってきた」
とおっしゃる方がいますが僕はこのようには思いません。


というのも、GS初期に流行ったオーガルンパと、サブローパにおけるオーガルンパは全くの別物だと考えています。


昔のオーガルンパというのは雨により高火力を叩きだすオーガと、雨の恩恵を受けられる特性・対オーガ性能に長けるルンパが魅力で、09雨パのグドラルンパに代表されるような高火力で相手を圧倒するようなパーティという印象がありました。オーガ@スカーフもこの時期から既にありましたね。


サブローパはどうかというと、オーガに鉄球を持たせることによってオーガに負荷(デメリット)をかけてでもなんとしてでも天候:雨を取りに行こうとしています。
そのポケモンがよく見かけるもので、対同族に有効打があるポケモンは基本的に素早さは高い方が有利でしょう。S108グロスみたいなものです。
オーガの場合には雷があり、グロスの地震より威力が高く、麻痺にも期待できるのでより素早さが大事になってきます。多くのオーガが最速なのはこの理由が一端になっているでしょう。
つまりその要素を捨ててでも雨を取りたいのには何か訳があると考えられます。


ここで、その先発においてどちらが主役なのかを考えると良いように思いました。


昔のオーガルンパはオーガ=ルンパか、弱冠オーガ>ルンパのように思えます。
伝説の方がだいたい種族値が高いのでどうしても伝説>一般の傾向は強いのかなと思います。


対してサブローパはオーガ<ルンパのように思えます。
雨を掴んで珠による高火力ルンパで責められます。
催眠対策もオーガには実装してないですが、ルンパはすいすい身代わりでスカーフダクホさえもシャットアウトできます。そもそも猫騙しを使うと思わせ持っていないのも特異で、読み次第で有利に動けるのも魅力。
オーガの対オーガ性能が落ちた分は珠草結びで確1にすれば問題はない。
後発にトリル持ちクレセを置き、鉄球オーガのデメリットを少なくしてるのもポイント。


寝不足その他諸々でなんかもう日本語が崩壊してますが、一見似てはいるが別のものとして捉えるべきだと思いますよ、ってことです!


(似たようなケースではキッスドーブルでこの指ダクホかと思って動いたら見切り追い風をされて驚いた、というのもありますね。最近では割と有名な動きではありますが。)


このサブローパで面白いと思ったのはルンパの雨珠ハイドロでグロスを確1にできるところ。
一見当たり前のことですが、ちょっと前に珠ルンパがブームになった時には珠草結びでオーガ確1ということしか思い浮かばなかった(w
そもそも最近のルンパは性格:穏やかで宿り木を中心に耐久重視で戦うのがメインだと思い込んでいたので攻撃面を重視したこのルンパは目新しいなと思いました。

こんな独特なパーティを生み出せるのはさすが04グラカイ大会を経験してる方です。素晴らしい!

また時間があるときにこの雨珠ハイドロルンパを考えてみたいですね。
実機で回すことはまずないだろうけどww


さて、対策側の面で考えてみたいですが、そんなもん俺には知らんです(´・ω・`)
オリジナルのサブローパと分かっているのならスカーフドーブル+レックウザで追い込めますが、ちょっと手を加えられてると怪しいものです。そもそも旧型なのかサブローパなのかが分からないのがネックです。


まだ有用性のあるものとして、特性:威嚇が挙げられます。
大阪1決勝で見られたように、威嚇の順番はすいすい発動前の素早さに依存らしい(?)ので当たる順番を見るととりあえず素早さ順が分かります。
しかしこれもちょっと手を加えられると分からなくなる可能性があり、そもそも相手のオーガルンパがどっち型なのかが分かった時点で見せ合いなし特有の情報戦としては有利になったとしても具体的な対策法には転じていません。また威嚇の効果がオーガルンパにとって無意味なのも地味に辛いものがあります。


なのでこれ以上は何とも言えませんがきっと打つ手はあると思いますので頑張ってみてください。

----

そもそもサブローパって初見殺し要素が異常に高い気がしてならない
初めて見たときは地雷以外の何ものでもないと思うでしょうね。というか私が思いました←
しかしサブローパやさらにその亜種が色んな大会で入賞してるのは大会で入賞するような上級者にとって初見殺しだけではない、何かしら使いたいと思わせる魅力があるようにも思えます。または現環境においてそれほどまでに絶対数が多いだけのか・・・?

いや、私がサブローパ独自の強みを理解してないだけか←一理ある、大いにある。

スポンサーサイト
遊びつつ明日の英語の準備をしてたらこんな時間っていう ワロエナイ
ダラダラしつつ↓を聞いてたんだけど



勉強面の励みになる内容があったり社会の一面が見えたりするので受験生なら聞くといいかも?
あまりに時間が長すぎるのがちょっとねww

こうさん! 

2010.04.08 01:08

確実に今までとは違うプレッシャーのような何かが・・・。


別に死ぬわけじゃないんだからあんまり多大に考え過ぎるのも良くないんだろうけど。




さて、気合い入れますか!!!!11
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。