FC2ブログ

どらふるのトラブルトラベル!!!

|д・)<石橋は渡らない(安全第一主義

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いよいよラスチャレが迫って参りました。
正真正銘のラストチャレンジに全力を注いでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
今回が恐らく最後のGSパ紹介記事。



パルキア@ハバンの実
亜空切断・大文字・日本晴れ・守る

カポエラー@ラムの実
桁繰り・猫騙し・手助け・見切り

カビゴン@オボンの実
恩返し・噛み砕く・馬鹿力・守る

ホウオウ@食べ残し
聖なる炎・ブレイブバード・身代り・守る

------

たぶん僕が今まで考えてきたGSパの中で一番の完成度なんじゃないかな?ぼくのかみぱ!!!

バトルビデオでグラ+カビの組み合わせを見つけ、晴れカビの対オーガ性能の良さを発見。
オーガって水技か雷を使うことが多く、雨に依存しているポケモンでもあるので根本的に雨を崩すと一気に立場が辛くなる。もちろん雨に対して有効なのは晴れで上書きすることだけど、グラはタイプ耐性でオーガ相手に出しづらい。
それならば元からオーガに耐性を持つポケモンで楽々晴れにしよう・・・というコンセプトから生まれました。


>パルキア
このパのギミックの要。
ギラティナにするとバンギがきつすぎるのでパルキアで。
09の4月ごろに流行った雨/晴れラティをイメージすると分かりやすいかも?
100族による日本晴れ→ホウオウの聖なる炎の流れも可能で良い。
最低限、手助け文字(晴れ文字)で185-134グロスを確一にできる火力が欲しい。
大事なのは日本晴れを打つタイミングで、ポンポン打たずに相手のオーガを引きづり出してからここぞとばかりに打つこと。耐久の高いポケモンではないのであまり打つ機会もなさそうですし。


>カポエラー
おなじみラム先制要員。
鉄球オーガ・鉄球ドーブル・スカーフキッスと、混沌としてる何でもありの素早さ戦国時代において相手の素早さを知る機会は多くなるという理由とカビのお供にいいと感じたので。
基本的に対物理はこいつに重点を置いてる面が強いのでシビアに動きたい。
前にサブローパかどうかを見極めるのにカポの威嚇が便利と書いて、威嚇で見極めるだけでは対策にならないと書きましたがこのパならサブローパ相手にはパルで晴れを打っておけば問題はないでしょう。わざわざ鉄球を持たせて雨を取ることに全力をかけているのだから。最近、眼鏡オーガ+珠ルンパなんていう中途半端な応用パがいて威嚇でサブロールンパかどうかを見極めづらいなんていうケースも浮上してるみたいですが;


>カビゴン
コンセプトの祖。
最遅ドーブル@鉄球より低くなりたいことも考え、最遅で良いと思う。
耐久の高いギラ・クレセ・ルギアに有効打の噛み砕くを用意。
少しバンギがきつめなので馬鹿力を搭載。
自爆も入れたいけどスペースがなかった。
厚い脂肪により晴れによるデメリットを減らせる。
場合によっては珠捨て身型も採用の余地がある。


>ホウオウ
残り物の処理。
最低限、手助け聖なる炎(晴れ聖なる炎)でH振りグロスを確一にできる火力は欲しい。


>総括
まずは、あまり晴れにこだわりすぎないこと。
基本はオーガが出てきたときに使う。

トリパ耐性はカポでS84、カビでS31と2枚使っていてかなり安全な部類だと思う。

爆発耐性がないのが気になるけど、カポエラーの威嚇を重複でかけたい。
対グロスは(カポパル)・(カポホウ)・(パルホウ)の組み合わせの時に1ターンで倒せるのでそのことも頭に入れておきたい。

ヌケニンはカポ以外が有効打を持っているのでどの2匹を戦闘に出していても最低1匹は対応できるので無理な交換を強いられにくい。

命中も大文字以外はだいたい信用できる技なのでWCS向けであるとも思う。

バンギがちょっと厳しめ。カビの馬鹿力で補強。
スカーフキッスなんかも厳しいかも。威嚇でスカーフかどうかを見分けられるので、それに応じてスカーフエアスラなのか猫騙し警戒でこの指なのかを判断していく。





スポンサーサイト
ラスチャレが終わるとGSもより廃れていくだろうし考えるなら今がチャンスかなーと思ってちょこちょこ書いてます

サブローパが恐ろしいのはオーガルンパの汎用性を増やし読みづらくさせたことだけでなく、ちょっといじれば色んな派生パができるという発展性が利くところだと思うんですよねー

ってなわけでその例を一つ



カイオーガ@黒い鉄球
潮吹き・雷・冷凍ビームor濁流・守る

ハリーセン@気合いの襷
滝登り・毒突き・大爆発・守る

クレセリア@オボンのみ
サイコキネシスor草結び・手助け・光の壁・トリックルーム

ディアルガ@ラムのみ
龍の波動・大地の力・トリックルーム・雷or守る

爆発で退場して後ろからどちらかを出してトリル。
ハリーセンはルンパ以上に天候:雨じゃないと厳しいポケモンなのでグラは入れず。
(ルンパだったら敢えて晴れ状態にしてすいすいを発動させず、伝説相手にトリル下で早く動くなんてことも可能だけど。)
ただ、爆発が効きづらいグロス・バンギ・ディアに対して総じて強いので一見の価値アリ。なくはないかな?
従来より主に対ノオーに強くなった・・・ら嬉しいw

>オーガ
時々思うんだがスカーフオーガ・後発のトリルオーガ以外のオーガって水技は潮吹きだけでいいのかね?
先制で場を制圧できそうでないならば濁流かハイポンのどちらかが欲しいと個人的には思うなー。
特に相方がルンパでないので対グラのためにも安定した水技が欲しい。

>ハリーセン
ルンパは猫騙しの脅威を与えられるからドーブルにこの指を選択させて自身は身代わりってのはアリだけどハリーセンはむしろ爆発止めのために猫騙しを被弾しやすくなるのでこの形に。

>クレセ
オリジナルでも思ったけど何故残飯じゃなくてオボンなんだろうね。
GSのクレセは案外長持ちするイメージなんだけどなー。
鉄球投げつけるをかわしたいから守るも欲しい。
草結びは対グラ用。運悪く天候も取られて先制も取られた時のために。
鉄球を立ち回りで他ので受けさせて草結びで反撃をかけていければ理想。

>ディア
いいポケモンが他に見つからなかったからこれで穴埋め(あう
ギラ処理要員。
雨ディアって何気にいいホウオウ対策だったりするw
ラムと雷を入れればルギア・ホウオウにいい働きができそう。


数日前の話。
久々にバトルビデオでも見るかと思いゴロゴロしつつ見てたら睡魔に襲われWi-Fiを切断しDSを閉じ眠りに就く。
数時間後起きてまたバトルビデオを見てみたらTN:らっふる PT:ギラグロスラティオーガの対戦を発見。
最初はマジで同名同パの人っているもんなんだなーと思ってたけどよく見たら自分が保存してるビデオだった。
眠気に襲われてボタンを押し間違えたのか無意識に投稿してたみたい。以前もビデオを見てて眠くなることは多々あったけどさすがにこれは初めてでビックリ、というより恥ずかしすぎる。。

対戦相手のパラサさんどうもすいませんでしたm(_ _)m
いつかのあるえさん主催の突発大会の決勝戦の模様で、前はパラサさんに挙げて頂いたのですが自分も保存していたのをそのまま放置して上書きしてなかったみたいです。
今見ると色々危うい立ち回りをしてますが、この突発大会がこのパの使い初めでその後のきっかけにもなった思い出に残る大事な大会であったのを今でもよく覚えております・・・。




もし出てたならこんなのを使ってたっていう戯れ言


ギラティナ@ハバンのみ
ドラゴンクロー・シャドーダイブ・電磁波・守る

メタグロス@ラムのみ
コメットパンチ・バレットパンチ・アームハンマー・守る

トゲキッス@オボンのみ
エアスラッシュ・この指止まれ・アンコール・守る

カイオーガ@食べ残し
潮吹き・ハイドロポンプ・雷・守る


(前回からの変更点)
ラティ→キッスで強烈な打点を削った分、対ヌケニンを始めとした痒い所に手が届くように。
ギラは対ヌケニンが安心できるので影打ちを切って安定感のある守るを採用。
エアスラ・アンコとシナジーを出すためにギラは電磁波をメインに使う。
メインに電磁波を使える分スカーフを持たせる意味が少なくなり、オーガは耐久重視の残飯持ち。
メインに電磁波を使いたいのとシャドーダイブをキッスで透かせられるのでわざわざプレッシャーでギラのスカーフ判定を測る必要がなく、ギラは慎重の耐久重視配分→慎重ギラ持ってなくて没(笑)


安定感は出そうだけどレックウザやホウオウが厳しそう。
交換出しはしやすくなったかも。


ギラグロスって最近の環境ではおいてけぼりなのかなー?
まだまだイケると思うんですけどねぇ・・・。


これ以外ならホウオウ+ユキノオーとか。
ホウオウをメインに使い、オーガを出されて雨にされたらホウオウの隣をノオーに変え、天候のマイナス補正を取り除く。(もちろんホウオウ自身をチェンジするのもおk)グラバンギはオーガに向けて出しにくいからノオーがちょうどいいのかな。
でもこれバンギどうするんだろ((

S84の真意 

2010.05.15 00:17

GSルールにおける非伝説ポケモンの中ではめっきりメジャーなS84調整
具体的には、グロス、バンギ、ノオーetcとありますね。
ではそれらが本当に有効なのかについて僕の雑感を。


まずS84が何を意識した調整かというと言わずもがな最遅90族の対策です。
GSで使える伝説の内、ホウオウオーガグラディアギラが90族に当たります。

GSでトリパを使う際伝説のその素早さが厄介になります。↑の5匹の90族でさえ伝説中最も遅い部類になります。
というわけでGSにてトリパを使う際はほぼ必然的にこれら5匹の中から伝説を選んでいくことになると思います。

すなわちS84調整にすることでトリル下において↑5匹より早い行動が可能になります。


もう少し掘り下げてみましょうか。


では実際の環境において主なトリパ構築はどうなっているのかというと

ディアルガ:使用頻度○ 伝説90族唯一のトリル要員。トリパにおける採用率は恐らくトップ。

カイオーガ:使用頻度○ 鉄球を持たせてトリル下で先制潮吹きで縛っていくタイプが多い。

グラードン:使用頻度○ 鉄球で自身が遅くなれ、空いてる技スペースに投げつけるを搭載すると物理悪130の技が打てる(ギラティナ・ルギア・クレセリアといった高耐久ポケモンに大きなダメージ)という相性の良さから鉄球持ちが多い。

ホウオウ:使用頻度× 遅いことが多い対一般に先手を取れずオーガの潮吹きやグラのシナジー程わざわざパワー系を持たせて素早さを落とし、先制を取る利点がないのが辛い。S84以下のバンギの蔓延も厳しいところ。

ギラティナ:使用頻度△ 物理ならシャドーダイブでターンの無駄足を掻いてしまい、特殊なら技の威力が少ないしそれ故瞑想を持たせるとしてもせっかくのトリルターンを無駄にしかねない。(ダイブのラストターンで先制消え→後攻攻撃は面白いと思いますけどね)


というわけでグラカイは鉄球持ちが多くS84は意味がないことが多く、ホウギラはあまり見ないので、実質的にはディアルガに対して有効かどうかという視点で考えるのがいいでしょう。


結論:ディアルガへの有効打があったりディアルガを差し置いて先制でその隣に攻撃したいのならS84はアリ。何でもかんでもとりあえずできるからS84にしておこうという考えは×。迷ったら対ディアルガ意識してみる。


時折、バンギはS86ぐらいがいいと言われることがありますが桁繰りという立派なディアへの有効打と砂による特殊耐久の高さで、素早さで勝ててるのなら対ディア性能があると思いますしS84はアリだと思うんですよね。もちろんその他のメンツで対ディア性能があり、バンギに弱いなら逆にS86が良かったりしますので一概にどちらがいいとは言えませんね。


要するに何がいいたいのかというと、S84ドクロって意外とアリなのかもしれない。
でも僕なら対ディア性能落としてでもドーブルを意識して、低くとも最速ドーブル抜きはクリアしておきたいけどなぁw




あーもう最近のGSよくわかんね\(^o^)/


そうそう、ラスチャレはやっぱり出ないと思います。
出る方は頑張ってくださいね!

つおそー? 

2010.05.02 02:22

要するに使ってみたい奴ら達
実際使うことはないでしょうが(ぁ


・クレセリア
猫騙し読み手助けがシンプルで上手いと思った
使うなら猫騙し持ちが比較的多い先発になるかな


・ドータクン
巷ではグラードンが真価を発揮してるらしい(?)
しかし地面抵抗のあるポケモンはほとんど氷に弱く(その逆も然り)、意識しすぎるとノオツーにハメられる
でも少しはグラ対策も意識しておかないといばラム地震無双されかねない
ならば地面にも氷にも抵抗があるドータクンを起用と。
使うならギラグロス見たいな感じでギラドータかな?
問題は突破力が高いわけではないのでグロスのような感覚では使えないのと先制技がないこと。
トリパのトリル要員としての活躍がいいのかな?


・ハッサム
炎にさえ気を付けていればそこそこよさそう。
努力値を振らずともS84可。
グロスとの差として、虫食いを採用してハバンやオボンを食べたり、ルンパに強気で殴れたり。
先発後発どちらでも。


・エンペルト
水・氷・龍・霊・爆発なんでもござれの抵抗力。
先制技も持ち、激流も強い。
トリパ対策にも向いている。
メインウェポンの水が半減されやすいのが少し辛い
いわずもがなラティマンダと相性○
使うなら後発で。



| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。