FC2ブログ

どらふるのトラブルトラベル!!!

|д・)<石橋は渡らない(安全第一主義

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
=編集後記=

レポ書いて参りました。
相変わらず僕はこういうgdgd長文駄文が好きなんだなと実感いたしましたorz

っていうか1日目が1024人規模(実際は765人参加)に対し2日目が256人規模ってどういうこと・・・!?
2日目の集合時間が30分遅いので怪しいなとは思ってましたがこんなに参加人数が違うなんて。。
かなり萎えましたぁ


とは言っても2日目に参加したからといってベスト4以上に行けたわけではないと思うので構いませんがww
ただ、次回からの応募の参考にはなりそうw


というわけで追記からレポ(という名のgdgd長文駄文)です。どーぞ!



まずは使ったパーティを改めて。


ギラティナ@ハバンのみ
ドラゴンクロー・シャドーダイブ・影打ち・電磁波

メタグロス@ラムのみ
コメットパンチ・バレットパンチ・アームハンマー・守る

ラティオス@命の珠
流星群・10万ボルト・身代わり・守る

カイオーガ@こだわりスカーフ
潮吹き・濁流・雷・冷凍ビーム


今までも何度かネタにしてきたけどいわゆる適当に組んで勝率9割だったパーティ。
最終的には負けがかさみ、19-10くらいに。


ギラグロスにラティとオーガを突っ込んだもの。
福岡、沖縄、愛知などで優勝してるという実績と、先発にゴーストを置くという構成が好きなのでこれを採用しました。

ただ、ギラグロスは猿やパルキアに弱くそれらの対策が欲しいと感じていました。
既存のギラグロスパルバンギは猿に狩られやすく、ギラティナの攻撃力では猿を倒すのに時間がかかるということで真っ先に流行でもある猿の対策を考えようと思いました。

09を思い出すと猿はラティで攻撃面も耐久面も対策ができるので、(好きなポケモンであるということもあり)ラティでいいじゃんという安易な考えでとりあえず入れてみることに。

後々気付いたのですがこれがなかなかの相性で、使用感も手応えがあったのでそのまま採用。

残り1匹は場の制圧力が高いオーガを起用。バンギが入っていないのでお互いの天候を打ち消しあうこともなく気軽に出せるのが良かったです。


>ギラティナ
一般的な物理ギラティナ
ただ、守るを切って影打ちと電磁波を両方採用しました。
影打ちの採用は、シャドーダイブでは倒しきれないことも多く、この先発の天敵である猿に対してもダイブだけでは確実に耐えられるため影打ちで縛る必要があると思い採用しました。
またヌケニンを倒せるのがギラティナしかいないので早く処理するためにも影打ちが必要だと思いました。
電磁波については同速に対して確実に先手を取れるというのと、ラティが「倒しやすいが倒されやすい」というポケモンなのでスカーフ持ちの伝説に対して先制してダメージを与えたかったので採用しました。
基本的な使い方は、最初は隠しておいてオーガが出てきたときに電磁波を打ちます。
それ以外にはプレッシャーの順番を見て相手のギラティナがこちらより遅かった場合にも打ってました。


>メタグロス
普通のテンプレ構成。
パーティ全体を見ると守る持ちが2匹しかいなくて、トリパに対して時間稼ぎがしづらいのでほんの少しでもトリパ対策にとアームハンマーを採用。もう一つの理由はラティオスの項とカイオーガの項を参照。
GSにおいても優秀なポケモンですね。


>ラティオス
今回のパーティの目玉ポケモン。
技は以前からありがちな構成。
持ち物を珠にした理由は大きく3つ。
①後発なので交代出しすることがある。
②GSでは砂霰が多い。
③ラティの珠流星群は最近流行りのH156B4D4振りパルキア@ハバンにも最低7割はダメージを与えられる。
ここで注目したいのがグロスのアームハンマーはこのパルキアに対して最低3割のダメージを与えられます。(グロスのアムハン採用の理由の一つ)
このように攻撃面でグロスと相性がいいのですが、耐久面でも相当優秀なのはいわずもがな。
パルキアは火炎・大地・波動弾・電気技を採用してることが多いのでパルキアに対して気軽にグロス→ラティにチェンジできます。これらを採用してなくて無理やりグロスに切断を打ってきたら目も当てられませんがww
今回の経験からラティとグロスはやっぱり縦において真価を発揮するのかなーと思いました。
10万ボルトは対応範囲が広いので採用。
GSルールにおいて草結びを採用してる人が多いけど、正直草結びは打てる相手が少なくあまりよいとは思えませんでした。
10万なら猿グロスゲンガードクロマニュにも安定してダメージを与えられるし、このパーティがホウオウが弱冠苦しいので10万しかないと思って採用しました。
グラードンが少しきつくなるけど珠流星で9割ほどは持って行けそうだったのでこのままに。
身代わりはシャドーダイブの時間稼ぎ(タイミングの調整)にも使えるしパルキアの守る読みで打てるとかなりのアドが取れるので便利な技です。


>カイオーガ
よく見るスカーフオーガ。
臆病オーガの雨潮吹きはダブルダメージでH236B0D188グロスに76%のダメージしか与えられません。
しかしグロスのアムハンがちょうどこのグロスに24%のダメージを与えられます。(グロスのアムハン採用の理由の一つ)
確かH252振りでもこの2つの技で確定で倒せたはずです。


>総括
このパーティは後発の2匹が交換出しに適してない(紙耐久で身代わりも使いたい珠ラティと潮吹きのダメージを下げたくないオーガ)のでできるだけ先発2匹でどんな相手にも対応していきたいところ。僕は交換を使用して安定した「守備」を維持できる立ち回り・構築が好きなので、このパーティはクセが強いと思いますがテンプレパーティへの立ち回りを最初から考えておくとある程度余裕が持てると思います。また基本的に交換ができない分、先発のうちどちらを捨てて後発からどちらを出すのかを考えることも重要だと思います。とにかく1手失敗すると大事故につながる危険があるので注意が必要。はまればそこそこ強い・・・かな?
破壊力は抜群なので、防御よりも攻撃で相手を縛っていくGSルールにはちょうど向いているパーティかも知れませんね
水耐性が3匹いる点はオーガに対して余裕が持てるので○
欠点と言えば
ディアルガ、パルキア、ヌケニンに弱い。
トリルに弱い。
ギラティナには集中していないと1匹で壊滅させられる恐れがある。
(プレッシャーの順番で素早さを判断してるので同速・オリジンが厳しい。)
特に後発からノオーが出てくるトリパ(東京A優勝パーティなど)辺りには壊滅させられるほど脆いです。
グラードン入りのトリパにはラティとグロスの交換を駆使しつつ岩雪崩・地震を誘いそれぞれ半減・無効で受けてその間に隣のギラでクレセを倒せばまだ勝機はあるかな。




こちら、野良試合パーティも。


デリバード@気合いの襷
氷の礫・凍える風・猫騙し・威張る

グラードン@ラムの実
地震・岩雪崩・眠る・守る

メタグロス@オッカの実
コメットパンチ・バレットパンチ・大爆発・守る

ルンパッパ@オボンの実
草結び・冷凍ビーム・猫騙し・守る


本来はルンパの枠はギラでも入れるべきなんだろうけど、ギラは本戦のパーティに入れたかったので少しでもネタばれを抑えるべくずっと前に使ってた使いまわしのルンパを入れてみました。




今回の会場は前回とほぼ同じところなので迷うこともなく会場へ。
電車に乗って会場近くにも来た頃、前回にも見たメンツを続々を見かけ、「いよいよ始まるのか」と思ってました。

着くやいなや、長蛇の列が・・・。
とりあえず並んで、暇だったので早速野良試合パで少し対戦を。
結果は1勝2エラー。
でもそのエラーも両方とも4-1でほぼ勝ててたのでおk。
このパーティは勝ち負けの数よりもデリバードが強いよ!ってことを見せられたらいいんですw
 
入ると前回と同じく厳しいチェックを受けいざ並んでみる。
しばらくして誘導されていよいよ対戦が始まった。


VS予選①(デンリュウ・ピクシー・エルレイド・トゲキッス)
ピクシーのこの指に注意しつつコメットとドラクロで勝ち。
途中、エルレイドに向かって打ったシャドーダイブを読まれキッスに交換されるというアクシデントが・・・。
さすがに安易すぎた発想でした。しかしこれが後の負けフラグになるとは・・・。
対戦が終わってラウンド2に並んでいると僕の方に駆け寄ってきて「ありがとうございました!」と。
「こちらこそありがとうございました!」とお辞儀。(因みに相手の方は女子中学生の方でした。)
自分が負けた時でも丁寧で素晴らしい態度だなーと思っておりました。


VS予選②(リザードン・バクフーン・ボーマンダ・ムウマージ)
相手は僕の母より少し若いくらいの女性の方。
初手を見てすぐにグロスを引っ込めオーガを出しギラはバクフーンに電磁波(スカーフ噴火警戒)
オーガが潮吹きを打つとバクフーンを引っ込めマンダが出てきました。
リザードンがイトケの実を持ってたけど急所を引いてそのまま押し込み、マンダにもシングルダメが入り致命傷。
後はそのまま潮吹き連打で勝ち。


VS予選③(チェリム・グラードン・ガブリアス・リザードン)
中学生か!?と思ったら僕とタメでしたw若く見えるって素晴らしい!
グラードンの地震強すぎだろwwwと思ったらチェリムのフラワーギフトを忘れるという始末←
交換を駆使してグラードンからの攻撃を軽減しつつギラでグラを削っていく。
グロスが倒れたらオーガでひたすら潮吹き。


こんな感じで当たり運も良く伝説には1匹しか当たらず予選突破。
ここまでグロスなし。リザ2匹。人気過ぎw


早々と予選を抜けられたのでモニターを見て少しでも情報収集。
(レポート画面にて)プレイ時間が700時間を超える廃人プレイヤーを見てすごいなあと感心。
構築もこんなの来たら初見じゃ勝てないなーと思って見てたら前方にどこかで見覚えのある顔が・・・!!
草薙さんでしたorz会場には来ていらしたようですね。


会場の隅でさっさと食事を済ましていざ決勝トーナメントへ。
並ばせられるとグループ1と2で区切られそれぞれ60人ほどに分けられました。
ここで大会が1024人規模なのを把握。東京Aもそうだったのである程度予想は付いていましたがw


VS決勝T①(不戦勝)
遂に始まった決勝T
ベスト2桁になるかベスト3桁になるかの大きな対戦・・・。
だったのですが結果は不戦勝。まさか自分が引けるとは思ってなかったので驚きでした。
1回戦の対戦が終わるのを待ってました。


VS決勝T②(1ドーブル・カイオーガ・カビゴン・ギラティナ)
中学生!?と思ったら僕よりも断然年上の女性でした。若く見えるって素晴r(ry
真っ先に相手ポケモンのレベルが目に飛び込んできてレベル1に気づけたのが大きかったかな。
ドーブルにバレット、オーガに電磁波を打つと手助け+潮吹きでグロスがすぐに落ちる。
行動順がオーガ→ギラだったのでオーガの持ち物がスカーフだと仮説を立てる。
続いてオーガを出し潮吹きとダイブを選択するとドーブルはそのまま落ちオーガは痺れて動けず。(もし相手オーガが痺れなくてスカーフ持ちじゃなかったらかなり危なかったかも。)
ドーブルの所にギラが出てきて、相手オーガが引っ込んでカビが出てきてダイブを無効で受けられる。こちらオーガはギラとカビに向かって潮吹き。相手ギラはダイブ溜め。
ここでかなり悩んで、ギラが同速ならかなり危なかったけど思い切ってギラはダイブ、オーガは潮吹きを選択。
オーガの潮吹きでカビを落としいざ勝負。結果は・・・。
こちらのギラの方が早かった!シャドーダイブを溜めて消え、同時に相手のダイブをかわす。
次のターンにギラをダイブで一発で落とし後は一旦オーガを引っ込めギラのダイブとラティの10万で勝利。
今大会の中で一番危うかったかもしれない。


VS決勝T③(マニューラ・メタグロス・パルキア・カイオーガ)
僕と同じクラスにいても違和感はないし同じくらいの年の方かと思ったら大人の男性でした。若く見えr(ry
まず先発を見て水耐性がないのと伝説が1匹もいないので後続に伝説ドラゴンがいることを把握。
このパーティはマニュが怖いのでバレットでさっさとマニュを落とすと案の定パルキアが出てきました。
最終的にはラティオーガVSパルオーガになったのでそのまま押し切って勝ち。
ここにきてラティの対パルキア性能が本領発揮


VS決勝T④(バンギラス・ディアルガ・キングドラ・プテラ)
現時点でベスト16。ここで勝てば念願のベスト8!
しかし相手はどうやらオフ勢の方のようです。むむむ...。
相手の先発2匹がギラティナではマズイのですが交換はしにくいのでダイブで必死に時間を稼ぎ、その間にグロスがコメパンとアムハンで頑張る!頑張る!
しかし先手1発目のアームハンマーを外す。もうダメかと思った。グロスはディアの大文字や時の咆哮を受け落ちる。ギラもバンギの噛み砕くを受け致命傷。その後はオーガを出し相手2匹ともを両縛り。
先発のディアには水耐性があるけどそれじゃあ少し対オーガが怪しいので水受けにチェンジしてくるだろうと思ってどちらかに電磁波を打つことに。相手から見ると天候:雨を消したいだろうと思ったのでバンギに向けて電磁波を打つとバンギをチェンジしてグドラに。これはかなり上手かった。ディアが落ちるとプテラが出てきたので、後は潮吹きとドラゴンクローで勝利。無事、念願のベスト8達成。


ここでベスト8なので身元チェックを受け再度対戦へ。
ここからは椅子が出てきました。やっとかよ!?

と、その前に注意事項を受ける。
運営「全国に行く意思がない人はここで申し出てください」
僕「ノ」
運営「どうしてですか?」
僕「受験生なので遊んでられないです。」
運営「じゃあここで辞退ということになりますg・・・」
僕「ちょww強制負けですかwww」
運営「ハイ (^ω^)」
僕「じゃあやります!やります!」


ここで負け確なんてもったいなさすぎる。せっかくの上位に行けるチャンスなのに・・・。
最悪、勝ちあがれたとしても決勝のギリギリのところで逃げようと思いました。


対戦相手の方と受験生なんですか~。という会話を交わす。
6月ならまだ何とかなってももしそれにも勝って8月にハワイでも行ったら受験撃沈ですねwなどと話せてリラックスできました。


VS決勝T⑤(ゴウカザル・パルキア・ドーブル・ギラティナ)
ここにきて遂にやって来た。猿キア!
猿キアとは以前にも練習して勝っていて立ち回りを覚えていたので、その通り、猿→グロスの猫読みでグロスをラティにチェンジし、パル→ギラの亜空読みでこれをハバンで余裕で耐え、ギラがパルにドラクロでハバンを消化しつつ4割程のダメージ。(これでラティでパルキアも猿も縛れることになります。)
・・・のつもりが、猿をギラにチェンジしパルキアには守られました。後で聞いた話ですがグロスの爆発を読んだらしいです。
ここまではまだ何とかなったものの、パルキアのハバンは消化していないしちょっと苦しい展開に。
身代わりを貼って様子見をするとパルキアが亜空を打ってきたりしてなかなか上手くいかない。
相手ギラに打ったダイブもドーブルで受けられ(初戦の悪夢再来)その後はスカーフダクホで2匹とも眠らされて完全にツモられました。
まだ早く起きれば何とかなったかなとは思いましたがなかなか起きず、そのまま押し込まれ0-4で負けました。完敗ですねw


最後に「このまま優勝してくださいね!」と会話を交わし後を去りました。
この対戦相手の方は結局準優勝者の方に負けてしまいベスト4でした。モニターにも映し出されてましたね。


その後はそのベスト4の方とお話をしながら決勝の様子を語り合っていました。
そして参加者プレゼントを受け取り電車で途中まで一緒に帰りました。楽しかったです。またお話しましょう!


というわけで今回のWCSはベスト8という結果でした。遂に1桁まで来ましたか・・・。
初参加の08でベスト16だったときからあった心のわだかまりが今回にて晴れた気がします。
今回は何より運負けだけは絶対にしたくないと思ってたので実力で負けた分まだ良かったかなと思います。大事なところでコメットを外すのはもうトラウマですw


今は清々としています。前までは負けてあれだけ悔しかったのにね。
これで一段落をつけて受験勉強に励むことになりそうです。ガンバロガンバロ!


ただ一つ、強いて悔しかったことが挙げるとしたら、あまりデリバードを宣伝できなかったことでしょうか。
3戦だけってorz
当初の予定ではさっさと負けてもっと野良試合するところだったんですけどね・・・w



と、どうでもいい戯れ言を最後にgdgdレポを〆たいと思います。
今回の大会で関わったたくさんの方々、ありがとうございました。
そして参加者の皆様、お疲れ様でした。



スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

WCSお疲れ様でしたー
ベスト8おめでとうございます!

自分は予選2回戦で爪オーガにボコボコにされましたw

suraさんが野良試合でデリバードグラードンと戦ってる試合を自分は隣から見てましたお^q^

デリバードのNNがハジマッタだったのでどらふるさんとわかりましたw

後準決勝・決勝では前のほうでフリーズ!とかKAAAAAとか言ってる集団の中に居ましたが気づいてくれたかな((

次回参加するときはぜひお話したいですね><
改めてWCSお疲れ様です!

2010.03.24 15:23 URL | うるふ #lwizig3Y [ 編集 ]

お疲れ様でした~

爪はひどいや;;
そういえば自分も予選③の方のグラードンに2連続で爪発動されましたw相手にするとヒヤヒヤものですねww

suraさんと対戦してたんだ・・・!
恐らく猿ドーブル使ってた方ですよね。
見られてたとはちょっと恥ずかしい///


対戦が終わってほっと一息ついてたところだったので気づきませんでした、すいません><
対戦が終わってからはモニターの一番後ろで見ていたものですから;;


改めましてお疲れ様!
次回はぜひともお話しましょう\(^o^)/

2010.03.24 19:07 URL | どらふる #BnBwicNA [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://drafl8tombo.blog39.fc2.com/tb.php/116-711f3b2f

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。